TOP» 仕事»

全国対応の音速パソコン教室でMOS資格を


音速パソコン教室でMOS資格取得と就職今の世の中、パソコンスキルは就職や仕事をする上で必須となっております。
特に、ワードやエクセルなどのオフィスソフトに関しては、できて当たり前という風潮です。
しかしながら、意外とできる人が少ないという反面もあります。

ワードやエクセルを始めとするパソコンの基本をきっちりマスターし、MOS資格などを取れば仕事の効率も上がりますし就職にも断然有利です。
ライバルに差を付けるためにも頑張ってみましょう!

MOS資格とは

MOSとは、マイクロソフト オフィス スペシャリストの略です。
MOSの資格を取るメリットを紹介します。

パソコンスキルを客観的に証明

エクセルが使える・ワードが使えるなどといった目に見えないスキルを客観的に証明できます。
資格はマイクロソフトのオフィスのバージョンごとに取得できます。

対策学習が実務力に直結

実際のアプリケーションソフトをコンピューター上で操作する実技試験なので、資格取得だけではなく、対策学習によってパソコンを使う実務力がつけられます。

業務や作業効率が向上

様々な機能を効果的に使いこなすスキルが身に付くため、職場でのパソコンを使った業務や作業の効率化が図れます。

就職や転職の時の実力アピールとなる

社会人に必須の資格のため、就職・転職時をはじめ、社内でのパソコンスキルのアピールに効果的です。また、多数の企業で社員教育として導入されています。

取得結果をスピーディーに活用

合否の結果は、受験後すぐに判定。取得したその日から履歴書に記載して、就職・転職活動に活かせます。

世界で通じる国際資格

世界的に行われている資格試験。
世界共通の合格認定証デジタル認定証により、認定されたスキルは政界で通用します。

音速パソコン教室

今回紹介するパソコン教室は音速パソコン教室という、DVDでの講座というスタイルのパソコン教室です。もちろんDVDが送られてくるだけではなく、電話やメール、そしてPCの遠隔操作によるサポートを行っています。
まるで講師が傍にいてマンツーマンで教えてくれているかのような、とても親身なサポートが付いている、初心者に優しい通信講座です。

こういったスタイルでのパソコン教室ですので、講座に期限がなく何度でも受講できます。
そして、自分の好きな時間帯に受講ができるのです。
これなら忙しくても、パソコンスキルに不安があっても安心ができます。

そして、講座の価格・費用も業界で最安値レベルとなっています。

【音速パソコン教室】

現代ならパソコンスキルは日常でも役に立つ

パソコンの値段がどんどん安くなっています。そして、性能はどんどん良くなっています。
一家に一台ではなく、一人一台という時代になってきました。
ワードやエクセルのスキルは日常生活にも活かせる機会がとても多いです。
家計簿や連絡網なんかが簡単に作れるようになります。

そして、自分が作りたいものが出来上がった時、とても大きな喜びが訪れます!

資格を取るためだけではなく、日常生活の充実にもパソコンスキルを磨くことは役に立ちます。

筆者の感想

私もワードやエクセルは得意ではありません。
仕事では日常的に使っているのですが、やはりしっかり勉強をすることをしないとスキルは磨けません。
しかし、忙しくて...

こういった人は多いかと思います。音速パソコン教室は、自宅での受講が基本ですのでとても便利だと思います。
サポートまで付いているので安心できますしね!

今こそ、PCスキルを磨く時です!がんばりましょう!

役立ちリンク

他の方の爆笑子育てエピソードなどが、にほんブログ村 - 子育てに満載!!
笑いたい場合にはチェックしてみよう!

本ブログはランキングに参加しています。
にほんブログ村 子育てブログへ

関連記事

ビジネス英語やオフィス英会話を学ぶ オフィス英会話を身に付ける
忙しくても無理なく上達できるオフィス英会話教材の紹介です。ビジネス英語を学びTOEIC対策にもなります。
無料のWEBアンケート作成ツール 無料/有料のWEBアンケート
WEBにアンケートを設置したい企業やお店に朗報です!無料で使いやすいセルフアンケートツールのクエスタントを紹介します。
部下の育成・教育に無料ゲームを活用する 部下の指導・教育を無料ゲームで考える
部下の指導・教育を無料ゲームでシュミレーションしてみようという、少し変わった考え方です。無料ですので気軽に試せると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>