TOP» iPhone»

初代ドラゴンクエストのアプリが無料でダウンロード可能 iPhone/Android


ドラゴンクエストのアプリのドラキーなんと!2013/11/28 0:00よりドラゴンクエスト ポータルアプリというものが配信されるのですが、そのなかで利用できる初代ドラゴンクエストが先着100万人まで無料でダウンロードできるのです!通常では500円での配信らしいです。

これは、ダウンロードするしかないですよね!
500円が無料になっているわけですから!

配信を開始した瞬間はサーバーにアクセスすることさえ難しかったですが、この記事を書いている時点ではスムーズにダウンロードができるようになっていました。

脱獄iPhone+ファミコンアプリとの比較

iPhoneの脱獄はあまり推奨されるものではありませんが、脱獄後の環境でファミコンアプリを利用しドラクエをプレイするのと、今回の公式アプリでドラクエをプレイするのとでの違いを、私なりにまとめました。

グラフィクス

iPhoneドラゴンクエスト ポータルアプリのグラフィクスグラフィクスについては、ドラゴンクエスト ポータルアプリの方がきれいですね。
スーパーファミコン版のグラフィクスなのでしょうか?
とてもきれいですが、レトロ感を求めるのであれば脱獄アプリでオリジナル版をプレイした方がよさそうです。

操作性

脱獄iPhoneで初代ドラクエをプレイするコマンド決定やキャラ移動などの操作性についても、新しいドラゴンクエスト ポータルアプリ版の方が便利です。
脱獄ファミコンアプリでのコントローラー操作は、少々難しいです。
また、ドラゴンクエスト ポータルアプリ版ではスマホ版特有のタップでの操作が加えられており、とても快適にゲームが楽しめます。

音楽

脱獄アプリとドラゴンクエスト ポータルアプリでの音楽を比較する音楽については、ドラゴンクエスト ポータルアプリが明らかに進化していますが、私個人的には脱獄アプリでのオリジナルの音楽の方が好きです。
ファミコンらしい音を好むので、オリジナル版の方が聴いていて楽しいです。
同じメロディーが流れていますが、両者でまったく違う音楽となっています。

ゲームセーブ・ふっかつのじゅもん

ドラゴンクエスト ポータルアプリでのドラクエ1スタート画面脱獄アプリ、ドラゴンクエスト ポータルアプリの両方でオートセーブに対応していますので、ふっかつのじゅもんをメモする必要はありません。
ただし、ドラゴンクエスト ポータルアプリはふっかつのじゅもんには対応していないので、以前メモしたふっかつのじゅもんは使用できません。
昔のふっかつのじゅもんを発掘した場合には、脱獄アプリでプレイするようにしましょう!

私の感想

2013/11/28時点での現状では、あのドラクエが無料にてiPhone/Androidで楽しめます!ダウンロードはして損はないと思います。
今後、ドラクエ2や3が順次増えていく予定もあるそうなので、今回の初代ドラクエをやってみて楽しければ色々と購入をしてみるのもいいと思います。

それにしても、よく無料配信にまで踏み切ったなぁと思います。
さすが、ドラクエです!

ドラゴンクエスト ポータルアプリ – SQUARE ENIX INC

役立ちリンク

他の方の爆笑子育てエピソードなどが、にほんブログ村 - 子育てに満載!!
笑いたい場合にはチェックしてみよう!

本ブログはランキングに参加しています。
にほんブログ村 子育てブログへ

関連記事

LINEのアカウント削除後の有料スタンプの復元方法 LINEの有料スタンプの復元
LINEのアカウントを削除してしまった場合に、以前に購入した有料スタンプはどうなってしまうのだろうか?復活させる裏ワザがありました。
iPhoneを高価買い取りしてもらう iPhoneを高価買い取りしてもらう
iPhoneを高価買い取りしてもらうための注意事項や、現在の相場を調べるための情報です。
SIMフリー版のiPhone 現代の日本人に最適なSIMフリーiPhone5Sとスマホ電話SIMフリーData
ついに日本でもSIMフリー版のiPhoneが発売されました。日本通信のスマホ電話SIMフリーDataというプランと合わせて使えば、格安最強iPhoneとなります。
iPhoneでロマサガ サルーイン戦 iPhoneでロマサガ
ロマンシング サ・ガをiPhoneにてプレイしました。iPhoneならではの楽しみ方ができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>