TOP» iPhone»

iPhoneでロマサガ


iPhoneでロマサガ サルーインやりこんでしまうと、とことんハマってしまうロマンシング サ・ガ
通称ロマサガ
私も、フリーシナリオに魅了されロマサガ命とまで思えるほどにやりこみました。

8人の主人公にはそれぞれに魅力があり、何度もゲームを楽しめます。
ロールプレイングゲームの常識を大きく変えた作品だと思います。

世の中には色々な運命が存在する

ロマサガ発売当時は私はまだ小学生でしたので、それぞれの主人公の生い立ちについては深く考えられませんでした。
オトナになってからロマサガを改めてやってみて、それぞれの主人公の背負った運命について考えさせられました。

貴族であったり、遊牧民であったり、盗賊、海賊...。
色々ですね。
そんないろんな運命を考えてみると、現代社会での悩みなんてたいしたことないのかも...
なんて思ったりもします。
明日も、ロマサガのおかげで頑張れそうです(笑)

ロマサガがiPhoneでできる便利さ

iPhoneでロマサガ メニュー画面iPhoneにてスーパーファミコンを楽しむためには、脱獄が必要になります。
脱獄の詳細についてはここでは触れませんが、iPhone脱獄には必ずリスクが伴います。
脱獄してまで、スーファミ・ロマサガを楽しむメリットは...
いつでもどこでも、ゲームができることにあると思います。

ちょっとした時間に敵と戦い、武器のレベルが上げる。
マップで行ける場所を増やしておく。
イベントを一つクリアしておく。

ロマサガをより楽しむことができます!

また、ロマサガはちょっとした進め方の違いで展開が大きく変わってきます。
分岐点がある都度にネットで情報を仕入れることができます。
ロマサガを知り尽くすことができると思います。

夢の三拠点制覇

iPhoneでロマサガ 最終試練ロマサガでの終盤には、強力な武器を手に入れられる場所がいつくか存在します。
冥府オールドキャッスル最終試練の三拠点では特に強力な武器が手に入るのですが、一回のプレイでこの3つの場所すべてに行くのにはゲームの進行に工夫が必要となります。
しかし、iPhoneで細かく調べながらゲームを進行していけば手こずることなく三拠点制覇ができると思います!

三拠点が制覇できたのならば、ラストボスのサルーインも簡単に倒せると思います。
いろんな方法で何回もロマサガを楽しみたいと思います!

ロマサガマニアの心をくすぐるもの

ケータイの着信音なんかがロマサガの音楽だったとしたら、テンションが上がりませんか?
しっかりと公式に着信音が発売されております。

iTunes Store


バトル1 – Romancing Sa・Ga Original Soundtrack
バトル2(ボス戦) – Romancing Sa・Ga Original Soundtrack
決戦!サルーイン – Romancing Sa・Ga Original Soundtrack
勝利! – Romancing Sa・Ga 2 Original Soundtrack

Amazon

iPhone以外のユーザーはこちらから。

勝利!/ロマンシング サ・ガ
バトル1/ロマンシング サ・ガ


役立ちリンク

他の方の爆笑子育てエピソードなどが、にほんブログ村 - 子育てに満載!!
笑いたい場合にはチェックしてみよう!

本ブログはランキングに参加しています。
にほんブログ村 子育てブログへ

関連記事

LINEのアカウント削除後の有料スタンプの復元方法 LINEの有料スタンプの復元
LINEのアカウントを削除してしまった場合に、以前に購入した有料スタンプはどうなってしまうのだろうか?復活させる裏ワザがありました。
iPhoneを高価買い取りしてもらう iPhoneを高価買い取りしてもらう
iPhoneを高価買い取りしてもらうための注意事項や、現在の相場を調べるための情報です。
ドラゴンクエストのアプリのドラキー 初代ドラゴンクエストのアプリが無料でダウンロード可能 iPhone/Android
あの初代ドラゴンクエストが2013/11/28 0:00から100万人先着で無料ダウンロードできます。これはダウンロードするしかないですね!
SIMフリー版のiPhone 現代の日本人に最適なSIMフリーiPhone5Sとスマホ電話SIMフリーData
ついに日本でもSIMフリー版のiPhoneが発売されました。日本通信のスマホ電話SIMフリーDataというプランと合わせて使えば、格安最強iPhoneとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>