TOP» etc»

映画「闇の子供たち」が堪えられない


映画闇の子供たちが堪えられない以前から気になっていた映画闇の子供たちを観た。
映画の冒頭から可哀そうなことの続出であり、しばらく食事ができなくなってしまう程であった。

もし、自分の息子が同じような目にあったら...
そう考えると、居ても立っても居られなかった。
映画の内容は、タイでの臓器移植を目的とした子供の人身売買や幼児売買春である。
実際に行われているかどうかは諸説があるので別として、この映画は本当に恐ろしかった。

映画を観ている最中、ただただ自分の息子が健康に安全に成長してくれることを願うばかりであった。

日本は安全な国だ

日本は安全な国諸外国と比べて、日本は本当に安全な国だと思った。
それと同時に、日本人は平和ボケもしているとも思った。
日本人が海外で生き抜くには、かなりのタフネスと知識を必要だ。

これからの時代を生きるにはグローバルでなくてはならない。
闇の子供たちに出てくるような実態や、貧困、宗教弾圧、その他いろいろを理解し、その上で強く生き抜かなければならない。
今の俺には到底理解できる内容ではない。
もっともっと強くならなければなと、切に思うのであった。

心臓が強ければ観るべし

この映画は本当に怖い。
特に子育て中の人が観たら、かなりの衝撃を受けると思う。
でも、考えさせられることも多い。
人間的に豊かになれるとも思う。
心臓が強い方にはオススメできる映画だ。

役立ちリンク

他の方の爆笑子育てエピソードなどが、にほんブログ村 - 子育てに満載!!
笑いたい場合にはチェックしてみよう!

本ブログはランキングに参加しています。
にほんブログ村 子育てブログへ

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>